生き物の作品

『「まる」以外の動物・鳥や水族館の魚・池の鯉などを』

6月23日 自宅前の電線に

ワカケホンセイインコ(輪掛本青鸚哥)。インド・スリランカが原産。ペットが逃げて野生化。東京都23区の西南部で野生化し数百羽の規模で棲んでいるとのこと。 琵琶の実を食べています。





5月2日 浮間公園で見た生き物

「亀」日光浴には陽のない日でしたが



「鴨」食事中 無新に警戒もせずに食べていました



「猫」凄みのある猫。まるも避けていました。
耳がカットされているので地域猫となっているようです。貫禄のある三毛でした




徒然日記に戻るには こちらをどうぞ。

4月19日 馴染みの猫発見

4月19日 地域猫(自宅の前の家にいた猫。家が取り壊しになり近所から消えていた。
隣の町会の一隅に元気で生きていた。目印は右の耳のカットと毛色




4月5日 最近見た生き物

3月29日 白岡市での「雉」



4月3日 横浜・三渓園での「海鵜?」



4月4日 自宅近くの「ツチガエル」




3月13日 田柄の梅林公園での「目白」

花を選択中でしょうか



しっかりと蜜を吸っているのでしょう



これも梅の花芯を突いています



幼い目白でしょうか。すでに花びらが落ちた芯を食べています




2018年2月22日
 世界らん展会場「沖縄美ら海水族館展示」

南の魚の色は艶やかです

サンゴに赤や青の魚が泳いでいます

文様の綺麗な魚たちです

南の魚です

メガネモチウオ=ナポレオンフィシュ

水槽が鏡となっています。2匹いるようです

水槽の向こうからも楽しんでいます

水族館では見られに「水槽」だからこその写真です


2018年1月30日 印西市「白鳥の郷」

沢山の白鳥とマガモ

若い白鳥の甲羅干し

仲間を招く

大きく広げた翼

羽を仕舞う


2017年4月18日 大洗水族館

水族館の水槽の中を

鰯の群

フグ

南の海の魚

近海のクラゲ。水槽が小宇宙の観

イルカとオットセイのショウタイム

尾びれのみで泳ぐイルカ

赤いボールまでジャンプ

玉を鼻先に載せるオットセイ

片手で全体重を支える


2017年3月28日 散歩の帰り

十一ヵ寺からの帰り。陽光桜に

陽光桜とツグミ

陽光桜とツグミ


2017年3月16日 サンシャイン水族館

サンシャイン水族館

水族館飼育員水中パフォーマンス

水族館マンボウの宇宙人

水族館3種の競演

水族館大水槽と少年


inserted by FC2 system